船頭紹介

《杉本 忠》
三代続く生粋の船頭。2013年の秋には大学生の息子さんも船頭デビュー。 バブル時代に流行した3高を貫く頑固な一面も。 高血圧、高尿酸値、高γ.GTP。いわゆる酒豪!

《鈴木 広人》
夏といったら甲子園!と云うほど大の野球好き。47都道府県全ての代表校を網羅するレベル。御客様、御乗船の際〇〇県から来たよー。と是非 振ってみて下さいませ。

《桜井 喜由》
一年中お昼はラーメン。とにかくラーメン好き。休みの日も会社でラーメン啜ってます(笑)フォークギターを操る一面も。但、手が小さいのかハイコードは弾けません。

《矢沢 啓志》
いわゆる船大工の棟梁です。かなり大雑把な性格。口癖は「田舎じゃこんなもんだに。」 しかし、大工仕事となると豹変します。船釘の打ち方、独特です。是非実演、お願いしてみて下さい。

《市瀬 幸盛》
math 博士です。ルービックキューブからダイヤル式の鍵まで、独自の方程式で、全て分析してしまいます。但し残念な位 英語が苦手、ローマ字のレベルでストップです。

《曽根原 宗夫》
FB 名、ジャック、ムネルソン。天竜イカだ祭り。竹筏の発案者。湯水の如く沸き起こるアイデア。天竜のエジソンと自負しているが本当に凄いのはボツになった企画の数。

《中 健二朗》
FB 名、ジロケン師匠。筏と云ったらジロケン師匠!こよなく筏を愛する男。「お地蔵さん」と呼ばれる独特な操筏法、是非体験してみて下さい。

《佐々木 直也》
天竜舟下りキャラクター「たっぴーくん」産みの親。船頭一番の濃い顔です!マニア受けNo. 1。片道約5km をジョギングで通勤する男。一説には、免停では?との噂も。

《岩井 光行》
天竜舟下りの生き字引。現役時代はよく叱られたもんですが鬼のような大先輩も歳のせいか まあるく優しいおじいちゃんに・・・と言ったら また叱られるかも・・・

《南島 純》
いわゆる船大工見習い。冬期豹変する矢沢棟梁について船大工修行中。あま〜いマスクでおばちゃまからの人気のNo. 1。実家で作る梨、ラ・フランスは絶品です!食用ほおずき も作ってます。

《佐々木 尊久》
通称「佐々木の御爺ま」桜の咲く頃から紅葉の散る頃までのみの船頭。要するに美味しいとこ取り。 冬場はスキー場の鬼軍曹と化します。船頭衆のご意見番。神様に仕えるが故に御神酒をあびる毎日(^^)

《川村 茂雅》
通称「かわっち」あばれ天竜一のガリバー船頭。甘いトークとポーカーフェイスから女性ファン多し。 旅先で川を見ると思わず舟が通れるか?シュミレーションしてしまう!という かなりの職業病人。

《安斉 昭》
通称「タイガーバーム・アンジー」ラフトガイド+船頭+スキーインストラクター+プロレスラー(過去)+居酒屋店員+・・・・・  頭を使わず身体で働く、まさに「ガテン系(古)」を貫く男。

《松下 聡汰》
おにぎりとお昼寝をこよなく愛する若手船頭。まさに「良く食べ,良く眠る」これが元気の源。 そして生粋のサッカー小僧。丸いもの見るととにかくリフティングしてしまう・・・おにぎりは・・しちゃぁ いかんに。

《宮内 山人》
現在夢の実現に向けて船頭しながら勉学に励む宅浪青年。保育園児時代から赤いトラクターを乗りこなした好奇心と行動力。為せば成る!

《松尾 和明》
通称 KAZU 夏は天竜川 冬は治部坂スキー場 しかも年間通してリンゴを育てる天龍峡農園の御曹司。ちなみに現在独身!どうでしょう?女性客のみなさん!!!

《荒井 直美》
天竜舟下りの女船頭。とにかく水が大好きで船頭になりたい!!と志願したほど!見てください。この笑顔。弾けてます。この舟に乗れたあなたは幸せです!!

《井上 双葉》
知る人ぞ知る。井上ファミリーの長男坊。味噌、醤油、から自宅に至るまでほとんどが手作りというスーパーな青年。現代の若者には無い透明感、笑顔を見れば分かります。
《斎藤 克岐》
春から秋はラフトガイド、冬はスノーボードインストラクター。と、一年中お天道様の下。 そして、和の心も!って事で船頭も!よって色白の克岐をだれも見たことがない。 まさに「king of suntan」日焼けした肌にキラッと光る白い歯。目指せ!CM船頭。

 

 

会社概要

社名 信南交通株式会社 天竜舟下り事業部
代表取締役 中島一夫
住所 〒395-0821 長野県飯田市松尾新井7170番地
電話 0265-24-3345
FAX 0265-23-3976
URL http://gokai-tenryu.com/
E-mail info@gokai-tenryu.com
事業 観光舟事業
お土産物品販売
環境関連商品代理店

 

 

安全対策

天竜舟下りでは、お客様の安全を第一に考え、出来る限りの安全対策を実施いたしております。どうぞ、安心して舟下りをお楽しみ下さい。

◆航路の安全確認
運航管理者による航路確認と指示の徹底を図り、増水後は船頭自身で航路の安全確認を実施いたしております。お客様の安全を優先するため、大雨・雷雨・強風・または河川の増減水など、お客様の安全の確保が確実で無いと予測される場合は運航を中止いたします。

◆救助体制
弁天港・時又港に救助船を常時配置し、又、救助訓練を毎年春・秋の2回実施いたしております。

◆全舟賠償保険加入 万が一の時に備えて全ての運航舟は賠償保険に加入しています。

◆船頭教育の徹底
日ごろから操船技術の向上を目指して船頭の訓練を常時実施いたしております。
 
◆ライフジャケット(自動膨張式救命具)の着用
乗船時には必ずライフジャケット(自動膨張式救命具)を着用していただいています。


◆各種ライフジャケット
左側 女性から  舟用の救命胴衣 センサーが水を感知すると浮き袋が膨らむタイプ
中央 ラフティング部・いかだ用 ライフジャケット・ヘルメット
右側 船頭用




幼児用

 

 

売店紹介


弁天港待合室に隣接してお土産コーナーがございます。天竜舟下りグッズをはじめ南信州のお土産をご用意いたしております。また、船頭紹介コーナー等もあり、乗船までの待ち時間も充分お楽しみいただけます。

 

 

CO2マイナスプロジェクト


天竜舟下りが取り組む竹を使った環境への取り組みです。

 

 個人情報保護方針
Copyright 天竜舟下り