[ 桜花爛漫! ] 2020/04/04

南信州の桜が満開を迎えてきています。
4月4日現在の天竜舟下り時又港上、天龍橋のたもとの桜です。

南信州は、全国有数の一本桜のメッカ。
南信州地域には樹齢300年以上の老桜や樹形の美しい一本桜が数多く残されていて、今まさに満開を迎えようとしています。


「安富桜(やすとみざくら)」
長姫(おさひめ)のエドヒガンとして県天然記念物の指定されている。
胸高周囲6ⅿ、樹高20ⅿ、推定樹齢450年。飯田市美術博物館の敷地内。
桜を見たら、飯田市美術博物館へも入館してみてください。

天竜舟下り弁天港より15分。飯田市美術博物館駐車場(無料)。


「麻績の里 舞台桜」
日本唯一の半彼岸枝垂れ桜・花びらが5〜10枚の珍種。
飯田市座光寺。元善光寺そば、麻績の里。
推定樹齢350年。
桜を見たら、元善光寺も参拝してください。

天竜舟下り弁天港より20分。無料駐車場有。

その他にも一本桜がたくさんあります。
南信州桜開花情報です♪♪



 

 個人情報保護方針
信南交通株式会社 地域観光事業部
TEL 0265-24-3345